セサミオイルでオイルプリング デンタルケアにも - 38歳からの歯列矯正 私の治療経過を公開します 

セサミオイルでオイルプリング デンタルケアにも


現在、セサミオイルでオイルプリングをしています。

そもそもオイルプリングというものを知らない方もいると思うので簡単に説明します。


ざっくり言うと植物性オイルでうがいをすることです。


ugai_woman_garagara.png



スポンサードリンク





オイルプリングを始めたきっかけ




美容目的でオーガニックセサミオイルを購入したのですが、

これが思っていたよりも素材のニオイがあったのとイマイチ肌に合わなかったので、

独特のニオイがある以上スキンケアやマッサージにはあまり使いたくない・・・、

だからと言って買ったばかりでたくさん残っているし捨てるには忍びない。

他に使い道は無いかと探して辿り着いたのがオイルプリング(うがい)だったのです。


前に他メーカーのセサミオイルを買ったときは無臭でもっとサラッとしていたので

メーカーや製造法(精製済みかどうかなど)にもよるようです。



オイルプリングのやり方



とても簡単です。

やるタイミングは寝起きや夕方の空腹時などがおすすめです。


だいたい大さじ1杯弱のオイルを口に含みます。

SH3D2624.jpg 

まずは口の中全体に行きわたるようにくゆらせ、

徐々にぶくぶくうがいにします。

だいたい時間は10分です。慣れるまでは5分やもっと短くてもいいです。


うがいが終わったらオイルは直接排水溝へは捨てず、

ビニールやティッシュなどに包んで燃えるごみとして捨てます。

うがい後に口内が気持ち悪かったら水や塩水でうがいします。

私はビニールにティッシュ1枚を入れてそこにオイルを吐き出しています。

そうすると漏れないし使うティッシュも1枚で済みます。



オイルプリングの効果とは?



・口内環境を整える(口臭、歯周病、虫歯予防)
・デトックス効果(毒素排出)
・ほうれい線対策(うがいするので顔の筋肉を使う)
・花粉症などの症状の軽減
・白髪対策


などが一般的に謳われています。


歯科医師からは医学的根拠は何もないと言われていますが^^;

オイルプリングには歯の美白効果なども謳われているのですが、

これはあまり期待出来ないかと。

着色しやすい食べ物や飲み物やたばこを摂取する人には効果はあるかもですが、

加齢による黄ばみなどは難しいと思います。

長期間、数年やっていたらどうかわかりませんが、

今の所やっていて歯が白くなった実感はありません^^;

でも口内の細菌を減少させるというのは効果として実感してます。



オイルプリングに向いているオイル



植物性オイルであれば良いのですが、

一般的にはココナッツオイルやセサミオイルがメジャーです。

ココナツオイルだとキュアリングも特に不要だと思います。




ネットでオイルプリングを検索するとセサミオイルではだいたいこれがヒットします。



大容量のためコスパが良いからでしょうね。

ただこれは「キュアリング」という加熱処理が必要なためひと手間掛かります。

お値段重視であればこちらが良いかも知れません。

キュアリングのやり方
【必要なもの】白ゴマ油、清潔な鍋、清潔な密封容器、温度計など

【一般的なやり方】鍋にオイルを入れて100℃まで沸騰させる。

100℃の少し前で加熱をやめると丁度良い温度で仕上がる。
粗熱を取って容器に移す。

【湯せんでキュアリング】鍋にお湯を沸騰させ容器入りのオイルを入れて湯せんする。

温度管理が必要ない、別途容器を用意する必要が無いので楽。
注意点として湯せんにかけて温めるので少し中身を減らしておく(膨張するので)。



あとはオイルプリング専用のオイルですね。
オイルプリング専用だと専用に作られていますので

キュアリングも必要なく、

口に含んでも嫌な臭いやぬめりなども少なくリフレッシュ効果も得られます。
最後まで読んで下さりありがとうございました。
にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ 


スポンサードリンク
ライブチャットとは