表ブラケット治療。クリニック選びのポイントや、大変だったことも嬉しかったことも記録します。

第2回調整日(2011.7.19.)

行ってきました。




虫歯か?と思われた

左2番の両側面&左1番の左側面(2番と接していた面)の黒い影は、

結果的には着色でした!良かった。ホッ。

担当医師が着色汚れを取ってくれました。

汚れを取ってもらって、どうやら私は着色が多いらしいと言われたので、

これからもそんな影が幾つも出てくるんだろうなとは思ってます。
スポンサードリンク



ワイヤーを外した後、クリーニング。

これをやってくれたのが担当医師とは別なんだけど、

医師なのか歯科衛生士なのか不明で、何だか下手くそ(スミマセン)。

痛い。。。



クリーニングって医師がやるのと歯科衛生士がやるのとじゃ全然違うんだよね。

医師は的確であまり痛くないの(中にはヘタな医師もいるけど)。

歯科衛生士がやると、大抵痛い。

これまで何人かの歯科衛生士にクリーニングしてもらったことがあるけど、

この人上手い!って思えた人一人もいない!

歯科衛生士ってクリーニングは「主な仕事の一つ」じゃないかと思うんだけど、

何だって皆こんなヘタなの?




クリーニング終わってから、ワイヤーを新しくはめて、ワイヤー調整。

表側のワイヤーははめた時、凄くきつい感じがした。

左2番がもげそうなくらい痛みを感じて、

「もしかして今回は本格的に痛くなるかもしれない」と初めて思った。

まだ分からないけど。。。2、3日後かな。


その後で裏側の装置のワイヤー調整。

前歯の傾斜は大分変わってきて、内側に傾いていた歯が前に出てきた。

でもまだ前に出している状態で、また位置が変わった。

前回よりも装置の位置が下になった。

今左1番と右2番(私は右1番が欠損してます)にでかいブラックトライアングルがあって、

そこから裏側の装置が見えている。

どんどん出っ歯になっていく。。。笑

もう口を閉じるのが微妙につらいからね。




下顎に装置が付くのはまだ先だけど、

下の装置も上と同じでクリッピーCだそうです。

最初カラーゴムで矯正ライフを楽しもうと思っていたら、

付いた装置はクリッピーC。

シャッター式のやつ。

でも今ではそれで良かったと思ってる。

こんなに痛みがないのは装置がクリッピーCだから、かも知れないから。

上顎は抜歯するのかどうか、まだわからないそうです。





次回は丁度1カ月後。




そしてお会計。


3710円

(着色除去・全体のクリーニング・ワイヤー交換・ワイヤー調整)




・・・え?高くない?

保険適用の矯正なのでそんなにかからないと思っていたら4000円弱。

財布に5000円しかはいってなかったんだけど、足りて良かった。

自費で矯正してる人の調整料って大体3500~5000円が相場でしょ?

それと変わらん。

大学病院で保険治療なのにな。



ということは毎回調整の度に5000円は用意しとかないとまずいってことか。





さあ、今回の調整でどれだけ変わるかな?


関連記事
スポンサードリンク