表ブラケット治療。クリニック選びのポイントや、大変だったことも嬉しかったことも記録します。

第1回調整日(2011.6.20)

本日第1回調整日。どんなことをするかな、

わくわく半分怖い気持ち半分。




まず口内を簡単に診た後、ワイヤーを外す。

私のブラケットはクリッピーCというタイプで、

ワイヤーやゴムで留めるのとは違い、シャッター式である。

独特の嫌な感じ(痛みとはちょっと違う、

強い衝撃を受けるような・・・、そんな感じ)がある。

それを我慢しつつ、ワイヤーが外される。
スポンサードリンク


・・・別の意味で違和感。

何だろう、前歯が異常に敏感な感じ。

痛くはない。ただ触ると倍以上の感覚がある。

ワイヤーで固定してないと不安になる!不思議。




そして歯の1本1本のレントゲンを撮ってきてと指示され、放射線科へ。

1本1本撮影。結構しんどい。




終わってからまた矯正科へ。

ブラケットの周りを研磨してもらい、

新しく一段太くなったワイヤーを取り付ける。

きつく感じる。痛くなるかな?

そして前歯の裏に付いているワイヤー状の装置

(前歯の傾斜を正常に戻す装置)も形状を調整する。

響く~。(T_T)ギャオス。




新しいワイヤーに変わった!

あれ?最初きつい感じしたのに痛くないよ。

治療が終わって恒例の大学病院構内にあるミニストップへGO!だ。

私は帰りにミニストップのプリンパフェを食べて帰ることにしている。

自分へのご褒美さ。(^◇^)♪



3~4時間したら痛くなるかなって思ったら、これまた平気だった。

普通に夕飯を食べる。

歯磨きで変化があった。

前歯にフロスがすっごく入りにくい!きっつ~!!

大丈夫かなあ、これえ。



前回始めて装置が付いた時は

2~3日目に違和感と歯がぶつかった時に「カチーン」と響くような、

まるでクラウン被ってる土台のもろい歯で硬いものを噛んだ時のような衝撃。

あれがあった。

今回もそんな気がしてる。

今回の調整でどれくらい変化があるか、楽しみだ!

関連記事
スポンサードリンク