表ブラケット治療。クリニック選びのポイントや、大変だったことも嬉しかったことも記録します。

クリニック選びのポイント② 矯正歯科か一般歯科か


矯正歯科・・・矯正を専門にしているクリニック

一般歯科・・・通常の虫歯治療等の他に矯正も扱っているクリニック

別枠で歯科大学病院


大まかにこの二つに分かれます。

選ぶポイントは



予約の取りやすさ、取り扱い器具の豊富さ、

アクシデント時の対応、医師の経験度
などです。
スポンサードリンク




矯正歯科のメリット&デメリット




矯正歯科だと専門治療なので経験豊富な医師がいたり

取り扱い器具が多かったり、

予約が比較的取りやすいと言ったメリットがあります。


矯正していると急なアクシデントや

予約を変更したいと言う事も多々ありますので、

いざという時の対応が早いかどうかと点です。


デメリットとしては、

矯正歯科は矯正しかやらないので

虫歯等の治療が同時進行になった場合は

別のクリニックでやらなければいけないと言う点ですね。



矯正に限ったことではないですが

歯科医師であれば経験が無くても矯正クリニックが出来るそうなので、

開業したばかりの矯正専門クリニックだったりすると

あまり経験が無い医師に当たる可能性も無いでは無いので

それも怖いかなと。^^;


後は矯正は料金設定も自由なようなので、

専門だとクリニックによってもかなり差があります。

幾つかクリニックを回るのがベスト。



一般矯正歯科のメリット&デメリット




メリットは普段通っているクリニックであれば

通うのが楽であったり、

何かあった場合に一般治療と連携が取れる点かな?

気心知れた状態なのでシステム等も安心出来るかと思います。


デメリットは一般歯科の場合は週何日か矯正医師を呼んでいる

と言う状態なので予約が取りにくい。

こちらが医師に合わせる感じです。

何かあってもその日に矯正医師がいるとは限らないので

すぐに対応して貰えない。

取り扱い器具なども限度があると言う点です。



私の場合は一般歯科も矯正専門も両方相談に行きました。

最終的には大学病院の矯正歯科にしたため

専門という事になるかと思いますが、

これも生活スタイルにもよると思いますし

治療法をいろいろ選びたいなら専門、

通いやすさや予約なども考慮すると良いと思います。


ちなみに大学病院の場合は矯正は夜間はやっていません。

(夜間受け付けは口腔外科だけだそうです)

平日は夕方まで、土日は土曜日のみ午前中だけです。

日曜・祝日はお休みです。

仕事や学校がある人でも通う事は可能です。
スポンサードリンク