表ブラケット治療。クリニック選びのポイントや、大変だったことも嬉しかったことも記録します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク

矯正に時間の掛る人、保定に時間の掛る人


一般的に保定期間は矯正期間よりも短いと思います。

例えば矯正で3年掛ったら

保定は2年くらいなどです。



ですが個人差というものもやっぱりあって、

矯正(歯を動かす事)に時間の掛る人・掛らない人、

保定(歯をその位置に留める)に時間の掛る人・掛らない人


という違いが出てきます。


スポンサーリンク




私はブラケットオフする時に



リテーナーは矯正期間と同じくらい付ける事になります



と言われました。



およそ3年9ヶ月ブラケット生活していましたので、

同程度となると4年弱掛るものと思われます。




ただ私の場合矯正に3年9ヶ月掛ったのは

歯が動くのが遅かった訳では無く、

2年以上過ぎて上顎の歯が並びきらないから

1本抜歯するという流れになったので

(何でこのタイミングで?と思いましたが仕方ない)

抜歯痕を埋めるための期間も含まれていたからだと思われます。



だから実際に保定にどれくらいの期間が掛るのかは

やってみないと分からない点は多いです。



元に戻ろうとする力が強いと当然時間が掛ります。

私は戻ろうとする力が強いそうなので、

どう見積もっても3年以上は掛るかなと踏んでいます。



リテーナー生活も長くなると装着時間も短くなるし、

今ほど神経質にならなくても良くなるだろうとは思っています。
関連記事
スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。