表ブラケット治療。クリニック選びのポイントや、大変だったことも嬉しかったことも記録します。

矯正で一番大変なこと


もしかするとクリニック選びかも、と思います。


まずはクチコミなどから目星を付けて、

何箇所も回って・・・。

それだけでも大変だし中には嫌な思いをすることもあります。

でもクリニック選びをクリアすれば後は治療に専念するだけです!



スポンサードリンク




クリニックによって治療方法も金額も全然違います。

だから一個所ですぐ決めるよりは

出来るだけ数個所回って治療方法・相場やらクリニックの雰囲気やら

医師との相性などいろいろ見た方が良いです。



私の場合は結局は大学病院に決めました。

決めるまでは一番無いなと思っていた所に決まったのは

ある意味皮肉だったかもですが、

決め手は


・治療方針を選ばせてくれたこと


であったような気がします。

裏側矯正で有名な?某矯正歯科も行ってみましたが

院長との相性がダメだったので凄く嫌な思いをしました。

治療方法についてもなんだか不明点も多く納得できませんでした。


クリニック巡りで心が折れそうになったこともあります。

でも諦めず巡って

今では大学病院にして良かったと思っています・・・。


大学病院だと実際の担当医は最初に診てくれる医師とはおそらく別になります。

私の場合は別でした。

治療することになって初めて顔合わせみたいな感じでした。

でも私は重症の症例だったせいか、

中堅くらいの医師と

その道のベテラン先生が2名担当で付いてくれて安心出来ました。



最初がとにかく大変ですが

ここを乗り切れば後は進めるだけです。





関連記事
スポンサードリンク